【手軽に綺麗を実感】ボトックス治療最前線!

整形の失敗

カウンセリング

失敗はいつでもあるわけではない!

ボトックスなどの魅力的な効果がある一方で、失敗が怖いのも美容整形のあるあるですよね。今回はそんな美容整形での失敗にはどのような物があるかを特集します。もちろん、整形は失敗することはほとんどありません。一部の悪徳な美容整形外科に行ってしまうなどの不運でなってしまうことが多いので、失敗しない為にも美容整形外科選びは慎重にすることが大切です。

おでこのボトックス

ボトックスは筋肉の働きを抑える薬剤です。注射でできる手軽さから、プチ整形とも呼ばれています。おでこにあるしわには効果的ですので、検討しているかたも多いはずです。ボトックスの効き目には個人差があるので、どのくらいの量を注射するかは医師の技量が問われます。もし失敗してしまうと、おでこは全く動かなくなり、目が半分開かないようになってしまいます。ボトックスは一度打ってしまうと、やり直すことは難しいです。効きが悪かった場合は追加できますが、効き目が強すぎた場合は、効果が薄れていくまでじっと待つしかありません。しかし、それで諦めずに、効き目が無くなってから、もう一度少なめな量を打って成功させる猛者もいます。自分が効きやすい体質であることがわかれば、次からは少なめに打ってもらうことが可能ですものね。ボトックスのいいところはよくも悪くも効果が薄れてしまうことです。失敗してももう一度挑戦してみたいという人にはおすすめの整形かもしれません。

ヒアルロン酸がナメクジに

ヒアルロン酸というと、失敗知らずの整形というイメージが強いかもしれません。しかし、そんなヒアルロン酸でも失敗してしまうことがあります。涙袋の整形です。涙袋は、小さな部位ですので、医師の技術が微妙な場合、多すぎたり少なすぎたりします。涙袋にヒアルロン酸を入れすぎてしまうと、ナメクジ状になりとても違和感のある顔つきになってしまいます。しかし、ヒアルロン酸はボトックスと違って、イメージと違った場合は、ヒアルロン酸溶解注射というものを使って溶かして調整することができます。それができれば、かなりイメージに近い涙袋を手に入れることができます。

Copyright© 2019 【手軽に綺麗を実感】ボトックス治療最前線! All Rights Reserved.