【手軽に綺麗を実感】ボトックス治療最前線!

ボトックスの歴史

医者と看護師

ボトックスの歴史をみていきましょう。始めに一般化したのは、外国ででしたが、女性ファッション誌などで取り上げられ初めてから日本でも普及していいます。以前は海外から直接輸入して施術を行っていたおり、また、医療的使用が多かったこともあったので、あまり失敗はありませんでした。しかし、厚生労働省が美容での使用を認可してからは、かなりボトックスが日本国内でも普及して、美容整形外科ならどこでも受けられるほど、ボトックスが普及していきました。ボトックスの失敗例として、注入量の違いもありますが、保管方法を間違ったことによる失敗があります。ボトックスは基本的に冷凍保存が基本です。販売会社から届いたものを常温保存してしまうとボトックスの効果が小さく鳴ってしまいます。このような保管方法を知らない無知な美容整形外科の場合に、ボトックスの治療をして失敗する危険があるのです。その失敗として、ボトックスの効果がなかったというものがあります。しかし、ボトックスの管理をしっかりしていて、理解している専門家であれば、ボトックスの治療は可能です。しかし、ボトックスの効果が出ない理由として、医院側の理由だけではないことがあります。それは、ボトックスの抗体をもっている場合です。元々ボトックスの毒素であるボツリヌス菌に抗体を持っている確立があります。その人はどれだけボトックスを打ったとしても効果がありません。しかし、それはかなり稀なことですので、効果が無いと感じたときはまずは医院を疑いましょう。もし本当に納得行かないようであれば、ボトックスの治療を他の医院で相談してみる事もおすすめします。セカンドオピニオンをすることで失敗の原因が分かったり、自分に合った医院をみつけることができます。一度だめだったからと諦めずにチャレンジすることが大切です。

Copyright© 2019 【手軽に綺麗を実感】ボトックス治療最前線! All Rights Reserved.